異骨相の本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS BBCの功績?

<<   作成日時 : 2011/02/26 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 恥ずかしながら、山口彊(つとむ)さんがBBCのクイズ番組で「世界で最も不運な男」として笑いの対象にされたと報道されるまでその存在すら知りませんでした。ネットで調べてみると『二重被爆』(朝日文庫 651円)がすぐに見つかりました。早速取り寄せて読みました。彼の生い立ちから書かれていて自伝になっています。90才という高齢になってから書かれたせいか、悲惨なことも淡々とした書かれていて却って胸を打ちます。字も大きくて老眼の人たちにも読みやすいし価格も負担になりません。吉井さんがこのことを語り始めたのが90才になってからで、昨年1月に93才で亡くなられています。わずか3年間でも大きな遺産を私たちに残してくれました。一人でも多くの人に読んで欲しい本です。 
画像
 同時に『キノコ雲に追われて』(あすなろ書房 1365円)も目に付いたので買いました。こちらは戦後10年目にアメリカ人のジャーナリスト(Robert Trumbull)が山口さんを含む9名の二重被爆者から聞いた証言が綴られています。2年後にアメリカで出版されたそうですが、こんな貴重な本がほとんど知られることなく埋もれていたとは何ということでしょう。訳者・吉井知代子さんに大いなる敬意を表します。
 広島と長崎で二度も原爆を体験した人は当時ロバート・トランブル氏が調べたところでは少なくても18人いたそうです。でもインタビューができたのは9人だけだったそうです。しかし、現在では広島と長崎で二重被爆した人は165人もいたことが判明しているそうです。この本も二重被爆者がいたことすら知らなかった私のような人にはぜひ読んでほしい本です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BBCの功績? 異骨相の本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる